ひろしの部屋|ひろし歯科クリニック 世田谷上町|世田谷駅・上町駅の歯医者

  日・祝
8:00~12:00
15:00~19:00

:15:00~往診・矯正・ホワイトニング(予約のみ対応)
休診日:水曜・日曜・祝日
>>*皆さんへのお願い*

03-5477-5566
03-6413-5539

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷 2-4-2 SACRA TERRACE E-01 (1階)

予約制各種保険取扱

透明 クリア なマウスピース矯正(7)

2019年1月15日

おはようございます。

 

ひろし歯科クリニック 世田谷上町の 院長 折笠博之です。

 

さて、今日も透明 クリア なマウスピース矯正のお話しです。

 

マウスピースのお手入れはどのようにしたら良いですかというご質問がありました。

 

2週間ごとの交換ですので、お食事の時に外したら流水下で洗うだけでも良いと思います。

ただし、見た目には大丈夫でも、マウスピースに雑菌が繁殖して付着しておりますと、健康には良くないと思われますので、マウスピース専用の洗浄剤をお使い下さると良いでしょう。

 

入れ歯(義歯)では洗浄剤に一晩漬け置きしますが、マウスピースの場合はお食事の時 1時間ほど漬け置きすると良いのではないでしょうか。

 

透明 クリア なマウスピース矯正は、 1日のうち 20時間以上のマウスピースの装着が必要ですので、入れ歯(義歯)のように長時間は漬け置き出来ませんが、短時間でもそれなりに効果はあります。

 

お手入れについてや、マウスピース専用の洗浄剤については、歯科医師にご相談下さればと思います。

親知らず(2)

2019年1月11日

おはようございます。

 

ひろし歯科クリニック 世田谷上町の 院長 折笠博之です。

 

昨日、親知らずはいつ抜いたら良いですかとご質問がありました。

 

私の考えですが、20歳前後迄には抜いておいた方が良いと思います。

歳をとってからよりは、若い時の方が痛みや腫れがあっても、速く治ります。

年齢を重ねるにつれ、親知らずのせいで、歯並びに影響を受けることもあります。

特に下の前歯が少し重なってしまうこともあります。

以前にもお伝えしましたが、親知らずを抜かないでも良いと思われる方は、なかなかいらっしゃいません。

 

お口の臭いにも影響があることもありますので、色々なことを考慮しても、20歳前後で抜くようにしましょう。

 

親知らずがある方は一度ご相談

 

 

 

 

入れ歯(義歯)のお手入れ(2)

2019年1月9日

おはようございます。

 

ひろし歯科クリニック 世田谷上町の 院長 折笠博之です。

 

さて、入れ歯(義歯)は毎日入れ歯(義歯)洗浄剤に漬けた方が良いですかとご質問がありました。

 

入れ歯(義歯)は毎日必ず使う訳ですから、どうしてもお食事の後汚れが溜まります。

お食事の後は出来れば外して、軽く流水で洗って下さい。

外出先で外すことが難しい時は、良くうがいをしましょう。

 

入れ歯(義歯)のお手入れで一番大事なのは、夜寝る前のお手入れです。

入れ歯(義歯)の汚れを、入れ歯(義歯)用のブラシで落とします。

流水下で効率良く落とします。

入れ歯(義歯)用ブラシで落としますが、この時に強くゴシゴシ磨いてはいけません。

細かい傷がついてしまいます。

また、歯磨き剤で磨くとこれまた細かい傷がつくこともありますので、お気をつけ下さい。

次に入れ歯(義歯)洗浄剤に漬けて下さい。

見えない汚れや臭いを取り除きます。

 

なので、入れ歯(義歯)洗浄剤に毎日漬けた方が良いのです。

 

入れ歯(義歯)洗浄剤に漬けた後は、お水 流水 で良くすすぎをしてから装着します。

 

お手入れや入れ歯(義歯)洗浄剤のことでわからないことがありましたら、歯科医師にご相談されて下さい。

 

入れ歯(義歯)のお手入れ

2019年1月8日

おはようございます。

 

ひろし歯科クリニック 世田谷上町の 院長 折笠博之です。

 

 

今日は、入れ歯(義歯)のお手入れのお話しです。

 

入れ歯(義歯)はプラスチックで出来ています。

顕微鏡で観てみますと、プラスチックは多孔質ですので、沢山の穴があいているのがわかります。

その穴に食事をしたあとの汚れがどんどん溜まって来ます。

汚れを餌に入れ歯(義歯)に菌が、これまたどんどん繁殖して、見た目にはわかりませんが、菌だらけになります。

 

入れ歯(義歯)のお手入れが良くないと、お口の臭いが気になったり、時にお口の中に痛みが出たりします。

 

また、誤えん性肺炎の原因にもなる可能性があります。

誤えん性肺炎は、気管や肺に菌が入ることが原因で起きる肺炎のことです。

入れ歯(義歯)やお口の中のお手入れが良くないと、歯周病菌などの菌が繁殖して増えますので、その増えた菌が食事の時に食べかすと一緒に誤って気管や肺に入ることで引き起こされます。

 

肺炎は日本人の死亡原因の第三位ですよ!

 

毎日のお手入れで誤えん性肺炎のリスクが低くなりますので、しっかりと綺麗にしてお食事をしていただきたいと思います。

 

お手入れ方法などは是非歯科医師にご質問して下さい。

透明 クリア なマウスピース矯正(6)

2019年1月7日

おはようございます。

 

ひろし歯科クリニック 世田谷上町の 院長 折笠博之です。

 

さて、今日も透明 クリア なマウスピース矯正のお話しです。

 

マウスピースを装着する時間が、夜寝ている時だけで何とかなりますかというご質問がありました。

 

マウスピースの装着は、一日のうち20時間以上の装着が必要です。

それ以下の時間しか装着出来ませんと、矯正治療が上手に行えません。

 

マウスピースはお食事の時と、その後の歯磨きの時には外しますが、それ以外の時は装着したままにします。

発音にもそれほど影響はないと思います。

初めて装着した時には違和感があると思いますが、慣れて来ますと違和感は少なくなりますので、会話にも影響はないと思われます。

 

矯正治療を成功に導くには、一日のうち20時間以上の装着時間を必ずお守り下さい。

20時間以上、マウスピースを装着出来ないという方は、透明 クリア なマウスピース矯正治療は行わない方が良いでしょう。

 

矯正治療を成功に導き、綺麗な歯並びと素敵な笑顔を獲得するには、強い意志が必要です。

 

透明クリアなマウスピース矯正をご希望の方は、歯科医師と十分にご相談されて下さい。

1 2 3 4 5 6 8